Always On

The Datorama blog on recent marketing trends,
product updates, and industry thought leadership.

Demo

Cannes Lions 2019: Merkle SVP of Analytics and Strategy EMEA, Ben Gott, on the past, present and future of People-Based Marketing

Emily Hoffman | 07.03.2019

This year at Cannes Lions, we sat down with Merkle’s Senior Vice President of Analytics & Strategy for EMEA, Ben Gott, to talk about how his team and clients are using Datorama to achieve a successful people-based marketing approach and create one-to-one, real-time connections with customers.

With Merkle’s roots in data and mission to support quantitatively-led marketing, the agency has shifted focus over the last couple of years from implementing marketing stacks to integrating them. As clients become more adept at driving different campaigns through different channels, they face challenges linking them. According to Gott: “Increasingly, our goal is to create data fluidity through those platforms and Datorama is the key to making that work.”

When it comes to measuring outcomes, Gott notes that clients want to measure the things that are closest to business growth, stakeholder conversations, and financial earnings. This all begins with end to end measurement of a customer’s entire interaction with a brand. Datorama helps provide clear insight and transparency.

Gott believes that people-based marketing holds massive promise for the future and that the next frontier will focus on the outbound side of marketing and “using tools like Datorama, not just to report, but to predict outcomes and change campaigns live in the moment. The sky is the limit.”

Watch the full conversation below and be sure to check back on our blog for more Cannes Lions 2019 highlights!

Latest Blog Posts

Cannes Lions 2019: Global Head of Pinterest Partnership Programs, Michael Akkerman, on how marketing intelligence helps provide a full view of the Pinner customer journey

In his role at Pinterest, Michael Akkerman oversees a robust ecosystem of third party technology providers, like Datorama, to help ...

Cannes Lions 2019: Ayzenberg Group President, Chris Younger, on using the power of data to supercharge the creative process

Chris Younger, President of Ayzenberg Group, joined us for a timely discussion at Cannes Lions on the process of providing ...

Datoramaが正式にsalesforceの一員になりました

CRMの世界トップ企業の米国salesforce.com(セールスフォース・ドットコム、本社:サンフランシスコ、会長兼CEOマーク・ベニオフ、以下セールスフォース)によるDatorama(デートラマ、本社:ニューヨーク、CEOラン・サリグ)買収手続きが正式に完了いたしました。 Datoramaおよびセールスフォースをご利用のお客様、そして全てのマーケターにとって喜ばしいニュースになるでしょう。 DatoramaはセールスフォースのMarketing Cloudをさらに強化し、マーケターがあらゆるデータソースやチャネルから流れ込む膨大なデータを横断して、統合・分析し、インテリジェンスを得ることに大きな貢献をしていきます。 Datoramaはマーケティング・インテリジェンスのリーディングカンパニーとして、人工知能を備えるクラウド型分析プラットフォームを企業、広告代理店、パブリッシャー向けに提供しています。 すでにペプシ、チケットマスター、トリバゴ、ユニリーバ、ペルノリカール、ネスレ日本、電通、電通デジタル、博報堂、博報堂DYデジタルなど世界をリードする広告主企業および広告代理店3000社以上に導入されています。 各社はマーケティング投資、施策の最適化を図り、迅速でデータドリブンな意思決定を図るためにに活用しています。 米チケット販売大手のチケットマスターは、マーケティングから営業まで横断して全てのデータをDatoramaに統合し、迅速で的確な意思決定に役立てています。 「あらゆるデータとステークホルダーをひとつの場所に集約する必要がありました。キャンペーン、チャネル、営業、全てを通じて的確な意思決定を下すには、全ての情報が信頼に値し、かつクリーンで統合されているべきでした。しかし、それらは実現できておらず、ビジネスとテクノロジーにまたがる大きな難問でした」と同社のゴーシャ・クシュア・マーケティング担当バイスプレジデント(VP)は語っています。「Datoramaは300以上のマーケティングと営業のデータソースを統合し、ひとつの場所で誰もが閲覧できるようにしてくれました。お客様、キャンペーンチーム、請求関連部署、経理、そして経営陣が、いつでもデータの確認が可能になりました。あらゆるデータをひとつに統合した結果、売上およびキャンペーンKPIが30%向上しました。さらに、業務時間を120時間圧縮しながら、月2000ものキャンペーンを回すことも可能になりました。この数は以前の倍です。今回の買収によるDatoramaとセールスフォースのシナジーをとても楽しみにしています」(同氏)。 さらに広告代理店の皆様にとって、Datoramaはマーケティング・インテリジェンスの標準プラットフォームとなっています。ハバス・メディアグループはDatoramaを活用し、データを通じて自社の戦略的価値を生み出しています。 「ブランド・市場・テクノロジーの全てを横断して、キャンペーンの予実管理から実績、貢献度までDatorama上で確認できます。また、ダッシュボードをお客様と共有することもできます。データの整理・レポート作業など日々のオペレーション業務の中核に...

Blog posts by Emily Hoffman | Follow Datorama on:

IBM Case Study

See how Datorama enabled IBM to
optimize its performance at scale.

Read the Case Study

How Can We Help You?

Find out how Datorama
can power your business.

Set Up a Demo